未分類

カジノディーラーになるにはどうすれば良いの?

カジノとして有名な国と言えばラスベガスやマカオ、モナコなどが有名です。

日本ではカジノ自体が無くあまり馴染みが無いので考える事も少ないと思いますが、日本でも2018年7月にカジノIR法案が成立しました。建設場所はまだ正確に決まっていませんが、日本でもカジノが出来る事が確定しました。

建設場所の候補地に関しては9つの都道府県が名乗りを上げています。その9か所の内から3か所に絞って開業する方向に話を進めています。

では、カジノが開業した時にどの様な変化が起きるのでしょうか?

日本のカジノ解禁で雇用も増加?

カジノが実際に日本で開業した場合に一番何が大きく変わるかというと、雇用が確実に拡大されます。カジノIR法案というのは、統合型リゾートという意味でカジノは勿論の事、レストラン・ショッピングモール・映画館・劇場・スポーツ施設・温泉施設など様々な施設が一体となった複合観光施設となります。

それにより、勿論増えてくるのが雇用です。海外でのカジノ施設は24時間運営している為、スタッフが3交代制であると考えても一か所のIR施設でも1000人~3000人の人員が働いていると言われています。

勿論規模によってスタッフの人数は前後しますが、日本のカジノが建設されるのは3か所と言われているので単純計算で約9000人の人員が必要になります。

その9000人の中で花形となるポジションがカジノディーラーです。カジノディーラーはカジノの中心的な存在です。

平均としてカジノIR施設内での3%がカジノフロアという作りが多いのですが、そのたった3%のフロアで施設内約80%の収益を出していると言われています。

では、そんな施設の80%の収益を生み出しているカジノですが売上に関してはプレイヤーとディーラーが生み出しているわけで。

では、ディーラーはどの位の手当をもらって働いているのでしょうか?一番気になるところの一つだと思いますが、そこの所を調べていきましょう。

カジノディーラーの給料ってどの位?

カジノディーラーになる場合に一番気になるのは給料面ではないでしょうか?日本では全くと言って良い位に馴染みのないカジノディーラーですが、実際の所はどの位の平均収入なのでしょうか。